スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)

 警察庁は20日、全国の警察が認知した4月の振り込め詐欺は597件(前月比27.4%減)で、被害額は7億5000万円(0.6%減)だったと発表した。このうち、「おれおれ詐欺」は398件(18.8%増)と増加。警察官をかたってキャッシュカードなどを受け取りに来る手口が50件増えたことなどが影響した。 

【関連ニュース】
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議
ホームレス使い口座開設=詐欺容疑で4人逮捕
「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん
振り込め詐欺を撲滅せよ=被害増受け、緊急対策会議
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ

雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
ヤギにも感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
普天間問題 首相、環境面に配慮徹底…「辺野古」移設で(毎日新聞)
レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)
中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
スポンサーサイト

【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)

国土交通省と環境省は7日、6月からの実施が予定されている、一部路線(37路線50区間)での高速道路無料化によるCO2排出量への影響についての試算結果を発表した。

それによると、国土交通省の試算では、CO2総排出量が0.1%減の微減となるのに対し、環境省の試算では0.1%増の微増になるとの正反対の結果が出た。両省では、今回の無料化について「自動車のCO2排出量全体に及ぼす変化はごくわずかで、ほぼ中立である」と歯切れの悪い見解を示し、今後の社会実験を通じて検証していくとした。

両省の試算方法で決定的に異なるのが、無料化によって鉄道など他の交通機関から乗り換える転換交通の見通し試算。

国交省の試算では、「計算手法の詳細が確立されていない」として、新たな自動車利用需要は誘発されないことを前提に、一般道から高速道路への転換に着目した試算を行った結果、CO2排出量は2005年度の排出量に比べ年間25万t減少するとの結果になった。

一方、環境省の試算では、無料化に伴う誘発交通量や鉄道から自動車への転換を考慮して試算した結果、自動車からのCO2排出量は同じく年間33万t増加するとの計算結果が出た。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
【新聞ウォッチ】迷走する高速新料金、値上げ幅見直しへ
「環境問題を文化で解く」フォーラムを開催 5月27日
パイオニア、低燃費ルートを検索できるカーナビ開発
高速道路 無料化 特別編集
国土交通省 特別編集

【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
<公選法違反>愛知・美浜町議に罰金刑…名古屋地裁判決(毎日新聞)
ホリエモンの有料メルマガ 読者急増で1億円ゲット間近(J-CASTニュース)
民家火災、独居72歳?死亡 神戸・垂水(産経新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。