スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけは… 少年グループの抗争で高校生ら逮捕 警視庁(産経新聞)

 対立するグループのメンバーに集団で暴行を加え、重傷を負わせたとして、警視庁少年事件課などは、傷害などの疑いで、東京都江東区に住む私立通信制高校3年の男子生徒(18)ら17~19歳の少年5人を逮捕した。同課によると、5人は同区を中心に活動する少年グループのメンバーで、北区の少年グループと対立し、抗争を繰り広げていた。同課はこれまでに、傷害などの疑いで江東グループの9人を逮捕。今後、新たに両グループのメンバーを傷害や強盗の疑いで逮捕する方針。

 逮捕容疑は、9月4日午前4時半ごろから4時40分ごろにかけ、北区の路上で自転車に乗って信号待ちをしていた防水工の少年(18)の頭を金属バットで殴り、倒れたところに殴るけるの暴行を加えるなどして、脳挫傷などの重傷を負わせたなどとしている。

 同課によると、同月3日夜、男女関係のもつれから江東グループが北グループを襲撃。この報復として、4日未明に北グループが江東グループのメンバーを暴行し、バイク4台と現金を奪った。さらにその後、江東グループがファミリーレストランにいた北グループを待ち伏せし、襲撃したという。

【関連記事】
小3殺害未遂の2少年、ほかの男児にも暴行か けんか強要
レディース立ち上げは「地元ルール違反」 双子少女に暴行、高2男子ら10人逮捕
“アムロ似”女子高生が…カップ麺の汁かけ、タバコ押しつける 傷害容疑で女子高生3人逮捕
「自転車乗ったままあいさつした」と集団暴行 容疑で少年4人逮捕
「逮捕されるならやらなきゃよかった」…元仲間に暴行、高校生ら逮捕

Evansのブログ
a3fb5bwdの日記ブログ管理ツール
無料携帯ホームページ
ネイルサロン
パチンコ攻略
スポンサーサイト

<火災>太宰ゆかりの「雄山荘」全焼、不審火か 神奈川(毎日新聞)

 26日午前4時ごろ、神奈川県小田原市曽我谷津にある作家・太宰治ゆかりの旧別荘「雄山(ゆうざん)荘」から出火、木造平屋約140平方メートルを全焼した。建物は空き家で、けが人はなかった。小田原署は不審火と見て出火原因を調べている。

 雄山荘は昭和初期に小田原出身の実業家の別荘として建てられた。太宰は戦後間もない1947年に訪れ、1週間滞在し「斜陽」を書いたとされる。37年には俳人・高浜虚子が訪れ、下曽我を紹介した句も残している。

 近くの住民によると、同荘は92年ごろから空き家になっていた。【澤晴夫】

【関連ニュース】
火災:女性2人が死亡、2人重体…東京・荒川の店舗兼住宅
火災:住宅全焼、5歳女児?死亡 愛知・江南
釜山射撃場火災:補償条例案を可決…金額は盛り込まれず
火災:住宅全焼、男性が死亡…埼玉・所沢
不審火:室蘭の2人死亡火災 長男から事情を聴く方針

a9qosa80geの日記ブログ管理ツール
PattieTudorのブログ
無料携帯ホームページ
パチンコ攻略
カードでお金

診療報酬改定 業界団体悲喜こもごも、参院選へ影響も(産経新聞)

 平成22年度の診療報酬全体の改定率が0・19%増と、10年ぶりの引き上げになったことを受け、日本医師会(日医)など関係団体は24日、見解を発表した。改定率の内訳をみると、民主党と良好な関係を築いている団体と、そうでない団体とでは、引き上げ幅に強弱があり、来夏の参院選に向け、従来の自民党支持から民主党支持へ方針転換する団体も出てきそうだ。

 次期診療報酬改定で2・09%の大幅増となったのは歯科の報酬で、日本歯科医師会(日歯)の大久保満男会長は同日の会見で、「新政権の英断を大きく評価する。100点満点で80点だ」と笑顔をみせた。

 日歯は、8月の衆院選直後から民主党との接触を強め、来夏の参院選比例代表では、組織内候補を自民党から擁立する当初方針を白紙に戻している。厚労省の政務三役の一人は「民主党を一生懸命応援してくれる団体に診療報酬を付けるのは当然だ」と説明する。

 一方、冷や飯を食わされた格好なのが日医。会員の中心的存在である開業医が、外来診療で受け取る報酬の引き上げ幅は、わずか0・31%とされた。唐沢祥人(よしひと)会長名で「大きく失望し、憤りすら覚える」と怒りのコメントを発表したほどだ。

 ただ、地方からは、次期参院選をめぐり、自民党現職の組織内候補の西島英利氏を支持していることが、改定率に影響したと指摘する声も出ており、今後、日医内で西島氏の取り扱いが大きな焦点となりそうだ。

【関連記事】
長妻氏、かろうじてメンツ保つ? 診療報酬改定
診療報酬「10年ぶりプラス改定」で決着
平野氏ら診療報酬で協議
予算編成官僚たちも変わる…所在なげな主計官
厚労省、診療報酬の0・4%引き上げを要求へ

Fredのブログ
gz8xnmidyoxのブログ
出会いランキング
ライブチャット
カードでお金

ヒトラーユーゲント

ヒトラーユーゲント隊旗ヒトラーユーゲント(Hitlerjugend, 略号:HJ)は、1926年に設けられたドイツのナチス党内の青少年組織に端を発した学校外の放課後における地域の党青少年教化組織である。「ヒトラー青年団」とも訳される。概要 1933年5月、ヒトラーユーゲントの隊員ヒトラーユーゲントにおいては、同世代の指導者から肉体の鍛練、準軍事訓練、祖国愛が、民族共同体の一員である青少年に集団活動を通じて教え込まれた。1936年ヒトラーユーゲント法により青少年(女性も10歳?21歳、女子グループは「ドイツ少女団」と呼ばれた)の参加が義務づけられ、1939年には、800万人を擁する集団へと成長した。戦局の悪化とともに1944年に国民突撃隊に併合された。ヒトラーユーゲントの前身は1922年3月に設立された「Jugendbund der NSDAP (JdN)」である。「JdN」の入隊資格は14歳から18歳までの男子で、そのうち14歳から16歳までは「Jungmannschaften」としてグループ化され、年長になると「Jungsturm Adolf Hitler」とされた。組織は突撃隊(SA)によって管理され、アドルフ・レンクによって率いられた。JdNは1923年のミュンヘン一揆でヒトラーが逮捕、収監されると崩壊した。多くの地方青年組織がオーストリアおよびドイツで組織され、レンクおよびクルト・グルーバーの「Grossdeutsche Jugendbewegung」や「Schilljugend」といった組織が JdN の空白を埋めるため結成された。1926年にグルーバーの「Grossdeutsche Jugendbewegung」がヒトラーユーゲントに改名された。グルーバーは「Bund Deutscher Arbeiterjugend」の指導者となったが、すぐにフランツ・フォン・プフェーファーと交代した。1928年にヒトラーユーゲントは10歳から14歳の男子部門、 Deutsche Knabenschaft を結成、1931年には Deutsches Jungvolk in der Hitler-Jugend と改名した。茶色の開襟シャツが制服。(第二次世界大戦前に日本で使われた「少国民」という言葉はこの「Jungvolk」の訳語である) Schwesternschaft der Hitler-Jugend と呼ばれた14歳から18歳の女子部門は1929年に結成された。それは1930年に Bund Deutscher Mädel (BDM) と改名され、より若い女子部門の Jungmädelgruppe は1931年に付け加えられた。1931年からはバルドゥール・フォン・シーラッハが青少年全国指導者となり、ヒトラーユーゲントの育成にあたった。1933年のヒトラー内閣成立以降、ヒトラーユーゲントはなかば公的な組織となり、1934年6月以降は各種青少年団体を吸収して拡大された。1936年12月に「ヒトラーユーゲント法」が成立すると、ヒトラーユーゲントは国家の公式な青少年団体となり、10歳から18歳の青少年全員の加入が義務づけられるとともに、他の青少年団体は禁止された。1940年、アルトゥール・アクスマンがヒトラーユーゲントの指導者に就任した。アクスマンは戦争の激化で枯渇していた人的資源の代替としてヒトラーユーゲントを利用した。消防・郵便・ラジオなどの分野にユーゲントの隊員が投入された。1943年以降、戦局が悪化するとユーゲント隊員は兵として動員されたが、十分な装備や訓練を受けない彼らは多くの死傷者を出した。ヒトラーユーゲントはベルリンの戦いにおいても戦闘に参加したが、ドイツの降伏により消滅した。来日1936年の日独防共協定の締結に伴う日本とドイツ(後にイタリアも参画)の同盟強化に伴い、1938年にヒトラーユーゲントが青少年相互訪問の一環として来日し、北原白秋作詞の歓迎歌が作られるなど日本国民を挙げての大歓迎を受け、親独気運の醸成に大きく寄与した。同時期に日本からは各地の学生、青少年団体職員、若手公務員から成る青少年訪独団がドイツに派遣され、ナチス党大会参観等を通してヒトラードイツの見聞を広めた。第12SS装甲師団詳細は「第12SS装甲師団」を参照 1945年5月、ベルリンの戦いにおいて捕虜となったヒトラーユーゲント第12SS装甲師団“ヒトラーユーゲント” (12.SS-Panzer-Division Hitlerjugend) は、上記のヒトラーユーゲント団員から選抜された兵士(ほとんどが 16、17 歳であった)及び第1SS装甲師団から抽出された士官、下士官を中心に編制された武装親衛隊の部隊。士官の数が足りず、国防軍の士官を出向させ

アフリカーンス語で日本のニュースを読む
tikinramenのblog
クレジットカード現金化
ネイルサロン
2ショットチャット

<日本学士院>新会員に7人 川本皓嗣氏、深谷賢治氏ら(毎日新聞)

<日本学士院>新会員に7人 川本皓嗣氏、深谷賢治氏ら(毎日新聞)

 日本学士院(久保正彰院長)は14日、総会を開き、大手前大学長で東京大名誉教授の川本皓嗣氏ら7人を新たに会員に選出した。会員数は133人となった。新会員の主な業績は次の通り。(敬称略)【加藤隆寛】

 ▽第1部(人文科学)

 ◆川本皓嗣(かわもと・こうじ)東京大名誉教授。比較文学。各国の詩における同音異義語を使った技法を研究。日本の詩歌の独自性を世界に発信した。70歳。

 ◆佐藤彰一(さとう・しょういち)名古屋大大学院特任教授。西洋史学。独自の史料分析により、中世ヨーロッパの農民の生活などを浮かび上がらせた。64歳。

 ◆塩川徹也(しおかわ・てつや)東京大名誉教授。フランス文学。パスカルの「パンセ」を中心に研究し、03年には集大成「パスカル考」をまとめた。64歳。

 ◆石井紫郎(いしい・しろう)東京大名誉教授。日本法制史。江戸時代の土地の「所持」という概念に、社会構造に根差す独特の意味があったことを明らかにした。74歳。

 ◆石井寛治(いしい・かんじ)東京大名誉教授。日本経済史。戦前の中核産業だった生糸・絹織物業を研究し、世界市場における日本の位置を明らかにした。71歳。

 ▽第2部(自然科学)

 ◆深谷賢治(ふかや・けんじ)京都大大学院教授。数学。「深谷圏」の理論を構築するなど、数学の一分野である「シンプレクティック幾何学」で顕著な業績を上げた。50歳。

 ◆中西重忠(なかにし・しげただ)大阪バイオサイエンス研究所長。分子神経科学。神経回路などの研究により、記憶や視覚系情報伝達の機構を明らかにした。67歳。

x8ulkhz9のブログ
zgundamのブログ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
競馬情報

宮沢克行

宮沢 克行(みやざわ かつゆき、1976年9月15日 - )は、千葉県習志野市生まれ、埼玉県春日部市育ちのサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。J1・モンテディオ山形所属。特徴・評価左サイドハーフを本職とする選手だが、複数のポジションをこなせる器用さが持ち味。精度が高く種類豊富な左足のキックと豊富な運動量で縦横無尽に動き回る。来歴1999年、浦和レッドダイヤモンズに入団。その後、2002年からはアルビレックス新潟に移籍。2004年夏、アルビレックス新潟からモンテディオ山形にレンタル移籍。すぐにチームのレギュラーとなり、上位進出に大きく貢献した。翌年アルビレックスに復帰し、不慣れなサイドバックで出場するなどしていたが、2006年シーズン途中でモンテディオに完全移籍した。 この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。人物浦和(2000年)、新潟(2003年)、山形(2008年)と、3度にわたってJ1への昇格を経験している。お笑い王であるが、そのギャグは周囲を凍らせる。所属クラブユース経歴庄和ストームサッカークラブ(小学校時代。小学2年の時に春日部に転入)武南高校明治大学農学部農芸化学科プロ経歴1999年 - 2001年:浦和レッドダイヤモンズ2002年 - 2004年途中:アルビレックス新潟2004年途中 - 同年末:モンテディオ山形2005年 - 2006年途中:アルビレックス新潟2006年途中 - 現 在:モンテディオ山形個人成績外部リンク宮沢克行オフィシャルブログ宮沢克行旧オフィシャルウェブサイト 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E5%85%8B%E8%A1%8C」より作成カテゴリ: 日本のサッカー選手 | 浦和レッドダイヤモンズの選手 | アルビレックス新潟の選手 | モンテディオ山形の選手 | 千葉県出身の人物 | 1976年生 | 存命人物隠しカテゴリ: 書きかけの節のある項目宮沢 克行(みやざわ かつゆき、1976年9月15日 - )は、千葉県習志野市生まれ、埼玉県春日部市育ちのサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。J1・モンテディオ山形所属。特徴・評価左サイドハーフを本職とする選手だが、複数のポジションをこなせる器用さが持ち味。精度が高く種類豊富な左足のキックと豊富な運動量で縦横無尽に動き回る。来歴1999年、浦和レッドダイヤモンズに入団。その後、2002年からはアルビレックス新潟に移籍。2004年夏、アルビレックス新潟からモンテディオ山形にレンタル移籍。すぐにチームのレギュラーとなり、上位進出に大きく貢献した。翌年アルビレックスに復帰し、不慣れなサイドバックで出場するなどしていたが、2006年シーズン途中でモンテディオに完全移籍した。 この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。人物浦和(2000年)、新潟(2003年)、山形(2008年)と、3度にわたってJ1への昇格を経験している。お笑い王であるが、そのギャグは周囲を凍らせる。所属クラブユース経歴庄和ストームサッカークラブ(小学校時代。小学2年の時に春日部に転入)武南高校明治大学農学部農芸化学科プロ経歴1999年 - 2001年:浦和レッドダイヤモンズ2002年 - 2004年途中:アルビレックス新潟2004年途中 - 同年末:モンテディオ山形2005年 - 2006年途中:アルビレックス新潟2006年途中 - 現 在:モンテディオ山形個人成績外部リンク宮沢克行オフィシャルブログ宮沢克行旧オフィシャルウェブサイト 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E5%85%8B%E8%A1%8C」より作成カテゴリ: 日本のサッカー選手 | 浦和レッドダイヤモンズの選手 | アルビレックス新潟の選手 | モンテディオ山形の選手 | 千葉県出身の人物 | 1976年生 | 存命人物隠しカテゴリ: 書きかけの節のある項目

アイスランド語で日本のニュースを読む
アフリカーンス語で日本のニュースを読む
無料携帯ホームページ
出会いランキング
2ショットチャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。